HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > インザミュージアム。

インザミュージアム。

募集中RENT事務所NEW

スゴイの見つけましたよ。

京都の何てことない道を歩いていたら、
いきなり、パルテノン神殿現る的な衝撃。

ここは、ギリシャか。

二度見三度見、当たり前って言うシロモノ。

うん、ギリシャに行ったコトないし、
パルテノン神殿のホンモノ見たコトないけど。

街並みからしたら、違和感しかない。

招待は美術館。
そんな建物の一角が貸しオフィス、貸しアトリエとして、現在、募集中。

玄関、勝手口、階段の手すり、廊下の窓枠から、もちろん室内に至るまで。

さすがだな。

きっと初めから、作ろうとしてるレベルが違う。
きっと初めから、賃貸オフィス、賃貸アトリエ作ろうと思ってねえもん。

そりゃ、差出るわ。

見せていただいた最後の最後、出口のでっけえドアを出る前に気付いたんだ。
出口の上に書かれた言葉。

Lasciate Ogni Speranza, Voi ch’entrate

普通なら、入口側の上に書くよね?と思って。
だから、あれ、何て意味ですか?って聞いたの。
そこに気付いて聞いたもんだから、オーナーさん、なんだか、嬉しそうに答えてくれた。
一介の街の不動産屋が気付くか、的な。

うふ。

そしたら、すごかった。
どうやら、ダンテの神曲の地獄篇第3歌に登場する地獄への入口の門の言葉だって。

汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ。

入るって、これ出口だぜ?みたいな。

もはや、世界?社会全体に入る的な。
だから、渡る世間は鬼ばかり的なやつかと思って聞いたら、違った(照)

ここに入ったら、地獄だぞって。
そんぐらいモノづくりするのは、大変だぞって、
そんぐらい崇高なアートを受け入れられるのは、至難の業だ。
わかってもらえるなんて思うなよ。
そんな意味を込められたそう。
きっつい言葉だから、裏側にしたんだって。

あ~サンプリングソース、かっこいい~。

建物を出た時のいい映画観たかのような、いいモン見た感、半端なかった。

ぜ。

物件名 高辻猪熊町テナント
タイプ 3F部分
面 積 約90㎡(約27.22坪)
家 賃 213,840円(税込)
共益費 10,800円(税込)
礼 金
敷 金
保証金 賃料の6ヶ月分
更新料 -/3年契約
駐車場
所在地 京都市下京区猪熊通高辻下ル高辻猪熊町
交 通 阪急京都線 大宮駅 徒歩7分
構 造 鉄筋コンクリート造 3階建
完 成 1984年4月新築 2000年11月増築
入居時期 即入居可
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分(税別)が必要になります。)
備 考 保証金返還率:3年未満…50%、3年以上6年未満…60%、6年以上9年未満…70%、9年以上…80%
保証会社加入要
エアコン2基
1Fテラス(共有スペース)使用可
1,2Fは美術館です。
京都景観賞屋外広告物部門優秀賞受賞
文化事業関連の業種希望
情報更新日 2017年3月2日