HOME > BLOG > KAWABATA channel > Case Study > 我が家リノベーション#2

我が家リノベーション#2

第1弾の連載企画、我が家リノベーションの第2回です。

第1回の続きです。

ぷっ。普通に始めちゃいましたが、今年1月以来の第2回。
遅くなってすみません。

素朴に思うこと。
不動産屋さんに家探し、部屋探しの応対してもらってて、
これがいいとか、あれがいいとか、言われて、
自分はどんなトコに住んでんの?って疑問ないですか?
僕だったら、抱くなぁ。その疑問。
だから、珍しいかもしんないけど、公開します。
我が家。
過程も工程も。

はい。

まずね、プロがこんな事書くんだから、間違いない。最善だ。
とは思わないで欲しいのです。
人それぞれ、ライフプランやライフスタイルもあるし、
それぞれの人に合った住むところ?住み方?っていうのがあると思うから。

ただ、僕は今までの住居のあり方は、
今となっては、今の時代に合わなくなってるんじゃないか?って思ってる。
それは事実。
だから、僕はそこを歩く気はないし、半信半疑ながら、自らの身をもって、実験中です。
っていう話。

さて、始めます。
まず、借りるか、買うか論です。

先回りすると、この連載企画の最後には、どっちでも一緒だって、書いてるんですけど、一応、読んでください(笑)
書いてたら、ゴールが変わったパターンです。
賃貸物件で借主さんがリノベーションをするという概念やスキームがない今、リノベーションで住みたい部屋や住みたい家に住む事を実現するための手段として読んでくださいね。

借りても買ってもね、同じくらいの金額を毎月支払うとして、
借りてたら、使い捨てみたいにお金は消えてくけど、
買えば、そのお金は返済に充てられて、最終的に自分のモノになる。

普通に考えたら、その方がいい。
じゃあ、買う事について、何が問題かって思った時に、出てきた事を箇条書きにしますね。

①何かわからないけど、同じ場所に縛られ続けるイメージ。
②買った後に、引っ越す事情なんかができた時、建物が売れない。損をしたり。
③似たような建物、部屋ばかりで、面白くない。
④固定資産税とか、払い続けないと、いけなくね?
⑤家を買うのは人生で一回だから慎重に買わないといけない。

そして次に、なんだかんだつって、戸建に拘ってしまってた理由。

①戸建ては、やっぱ、庭あるしな。
②家族が増えた時、部屋多い方がいいしな。
③マンションは収納少ないしな。
④分譲マンションは、なんだか、制約多そうで、息苦しそう。
⑤戸建てがいいっていう神話。

そんなトコだったかな。

マンションを買って、リノベするっていう選択肢は、まったくなかったな。

今から思えば、不思議だけど。
まぁまぁ、障害があったコトは事実。

#3に続く…。

写真は、解体しながら、徐々に内装をつくっていっているところです。