HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > リボーンビルヂング。

リボーンビルヂング。

RENT満室ファミリーシングル住居事務所

本来なら、リノベーションやコンバージョンなんて、正しい呼び方があるんだけど、
この際だからいいや。

リボーン。
再生。
生まれ変わる。

字で書けば、スゲエ簡単なコトだ。
字で表せば、スゲエ簡単なコトのようにみえる。

でもさ、人間で置き換えてみてよ。
今までの自分を捨て去って、新たな自分で生きる。
スゲエ大変なコトだ。
ホント、何から手を付ければいいか、わからない。

いやいや、読んで字の如くでいくのであれば、一回、死なないといけない。

ぐらい、大変なコトだよ。
生まれ変わらせるのは、大変だ。
リノベーションって、大変だ。
コンバージョンって、大変だ。

牛乳に相談だ。

ここは、昭和44年に建てられた。もともと、事務所ばっかりが入ってたビルだった。
やがて、建物も古くなり、空室が目立ち始める。

今まであった、今まで、当然とされていた、その建物に与えられていた役割を捨て去り、新たな役割を与える。

根本はそこだよな。

人だって、建物だって、やっぱ愛されたいやん?
建物だって、人が出入りして、なんぼやん?
使ってもらって、なんぼやん?
役目を終えたら、すぐ潰されるのなんか、嫌やん?

近年のリノベーション物件、コンバージョン物件のいいトコ取り、
プラス、オーナーさんのごく普通の感性。ごく普通の発想、しかし、キラリと輝く、普遍の感覚。

プロになっちゃうと置き去りにしがちな、忘れてしまいがちな、
消費者とか、借り手側の一般市民の感覚。

設計士さんとか、工務店さん、建設会社さん、不動産会社さん?
だけじゃ、到達できないレベルって、あると思うんだ。
リノベーションのプロジェクトチームには、ぜひ、オーナーさんも入っていただきたい。
そこで起こる化学反応があるはずなんだ。

お前等の企画やプレゼンは、どんな感じ?
それに対して、お金払うわ。って時代は終わった気がしてます。

カコのかっこいい物件のいいトコ取り。
あそこのいいトコとあそこのいいトコ、そりゃ、合わせりゃいいかもしんない。
でも、僕たちが見たいのは、その先だ。
今まで見たコトなかった景色が見たい。

やっぱ、業界とかシーンは、中の人だけじゃ、変われないのかも。
そんな、限界を突破できる可能性を感じさせてくれる、ステキな建物です。

物件名 丸福ビル
タイプ
面 積
家 賃
共益費
礼 金
敷 金
保証金
更新料
駐車場 空無 27,000円/月
所在地 京都市南区唐橋西平垣町
交 通 JR東海道本線 西大路駅 徒歩2分
構 造 鉄筋コンクリート造 6階建
完 成 昭和44年6月完成/平成27年8月リノベーション
入居時期
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の半月分(税別)が必要になります。)
備 考 ガラスブロックとモザイクタイルのお部屋は、趣味のスペースやワークスペースに。
LDKと寝室のフローリングの床材は、栗の無垢材のホワイト塗装仕上げ
天井が高く、開放感があります。

居宅兼オフィスや居宅兼アトリエなどの使用も相談可です。

更新事務手数料:20,000円+税、火災保険料:20,000円/2年
退去時清掃代:45,000円+税、くらしーど24:16,200円/2年

インターネット無料、禁煙マンション
IH2口コンロ+ラジエント1口付システムキッチン、エアコン2基、エレベーター、オートロック、追炊機能、浴室乾燥機

※家具はオープンハウス開催時のものです。実際はありません。
情報更新日 2017年9月7日