HOME > BLOG > KAWABATA channel > Case Study > 我が家リノベーション#3

我が家リノベーション#3

第1弾の連載企画、我が家リノベーションの第3回です。

第2回の続きです。そりゃそうだ。
この第3回、ここまでが前説となります。

繰り返しますが、
賃貸物件で借主さんがリノベーションをするという概念やスキームがない今、リノベーションで住みたい部屋や住みたい家に住む事を実現するための手段として読んでくださいね。
ここでお伝えしたいのは、何も賃貸マンションを借りるか、新築建売の家を買うしか選択肢がない。というわけじゃないよって話です。
しかも、外壁とか、雨漏りなんかの補修をしなきゃいけないかもしれない中古戸建を買ってリノベするより、室内だけ直せばよく、比較的安くでリノベできる、比較的安価で買える築古分譲マンションを買うという選択肢の提案でございます。

一般の方が通る道?悩む所?で、僕が不動産業界にいるとかいないとか関係なく、きっと、同じところで悩んだはずなんです。
さて、この後、どうするか?みたいな。
いろんな疑問や不安をいかに越えたかという話です。
もちろん、物件との出会いありき。ですが。

では、物件に出会った時、自分の思ってた不安とかが、すべてが否定できた。すべて払拭できた。という話。順に行きますよ。

買う事について、何が問題かって思った時に、出てきた事。に対して。

①何かわからないけど、同じ場所に縛られ続けるイメージ。
→子供がいたら、現実的に、そんなにポンポン引越しなんてしないよな(笑)
②買った後に、引っ越す事情なんかができた時、物件が売れない。損をしたり。
→センスの有無に関わらず、自分達家族にとって、ベストなオンリーワンを作れば、絶対、それを気に入る人はいる。案ずるな。
③似たような建物、部屋ばかりで、面白くない。
→じゃあ、自分で作りゃいいじゃん。
④固定資産税とか、払い続けないと、いけなくね?
→賃料を払い続けるより、全然マシだ。ドブに捨てる金額のレベルが違う。
⑤家を買うのは人生で一回だから慎重に買わないといけない。
→人生で一回って、誰が決めたっけ?住まなくなったとしても、その後の運用次第で何とでもなる。

そんなトコだったかな。

なんだかんだつって、戸建に拘ってしまってた理由。に対して。

①戸建ては、やっぱ、庭あるしな。
→結構見てきたこと。庭が楽しいのは、一瞬。遊びたいなら、公園に行けばいい。行く過程も楽しいし。
②家族が増えた時、部屋多い方がいいしな。
→そう思って、戸建買う人が圧倒的に多いんだろうけど、初めは部屋が多すぎて持て余して、実際、子供が大きくなって部屋が必要になった時、建物が古くなってるな。嫌だな。
③マンションは収納少ないな。
→作りゃいいじゃん。何なら、一部屋ぶっつぶして、クローゼットルームにすればいい。
④分譲マンションは、なんだか、制約多そうで、息苦しそう。
→賃貸マンションと比べて、分譲マンションは買って住んでる人だから、適当な事はしない人が多い。
⑤戸建てがいいっていう神話。
→神話は神話。時代は変わった。これから将来は、土地が余って来るかもしれない。

そんなこんなで、不安やマイナス要素がなくなって、すっと分譲マンションを購入する運びとなりましたとさ。

これ読んでもらってもわかるように、
当初は、まさか、自分が分譲マンションを買って、リノベーションするなんて、思ってなかったんです。
正直、そうしたいなぁとも思ってなかった。
これが現実ですよね。こんな仕事してるのに(笑)
リノベーションは、お金ある人の、お金がある神々の贅沢な選択肢だと思い込んでしまっていたんだと思います。

最後に、結局、言いたい事はね、この方程式だ。
これ、テストに出ます。
月9万円くらいの賃貸ファミリーマンションに住んでる家族さんの例。
借りてるんだから、1年で108万円、5年住めば540万円の賃料を支払う事になる。
例えば、1500万円でマンションを購入して、540万円かけて、リノベーションする。
5年後にライフスタイルの変化や家族が増えたりして、引っ越すとする。
借りて住んでた事を思えば、5年で540万円捨てたようなもんだ。
だから、5年後にリノベ費用の540万円を相殺する。
自分たち仕様にリノベした部屋、買った時と同じ1500万円だべ。諸経費や固定資産税やなんかは除くとしてね。なんだったら、その辺を上乗せしても売れるんじゃないか?部屋の差は歴然ですから。
貸す場合、月9万以上で貸せるでしょうよ?
って事はよ、冷静に考えて、自分たちのいいように作って住んで、ほとんど失うものはないって事だ。
確かにね、管理費とかの細かい部分ははしょってます。細かい部分?それくらいの差なの?
自分たちのいいように作って、住みたい部屋に住んでですよ。
僕は、現在、身をもって、その実験中。どうですか?イケそうな気がしません?
なんてね。

おっと、結構、いい事を書き初めてきてんじゃねえ?

次回はいよいよ、内装の話をしたいと思います。

#4に続く…。
写真は、解体が完了して、内装を作っていってるところです。