HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > カイホウコウシャ。

カイホウコウシャ。

RENT満室事務所店舗

遡る事、6ヶ月前に、かつての古巣から、この話をいただいた。
元同僚達と、また仕事ができるって、有り難い事だ。
しかも、古巣のために、自分の能力を使える。ホント、うれしい事だ。

元々は、美術の専門学校。
ここ10年くらいは、倉庫として利用されてたんだって。

この場所にもう一度、命を吹き込むプロジェクト。
校舎跡という歴史を忘れず、リスペクトを込めて、再生する。

初めて、現地に行ったときに思ったな。
できるかぎり、このままがいいなって。

このタイトルになっている「カイホウコウシャ」
リノベコンセプトとも言える、この言葉の「カイホウ」は、わざわざ、カタカナにしてるだけあって、
そこには、漢字の違う二つの意味がある。

一つめの『開放』 開け放つという意味で、文字通り、一回、閉まっていた校舎を開放する。
二つめの『解放』 束縛を解いて自由という意味。
ちなみに、この文字を用いた、解放区とは、革命勢力が、実力を持って現政府を排除して支配下に置いた地域を意味する。

開放されて、解放された場所にしたい。
開け放たれて、解き放たれた場所にしたい。

描く未来の姿は、入居者が、現実社会(大量生産、大量消費の時代から脱却するという意味で)や常識や既成概念から解き放たれて、創作活動や製作活動に打ち込める場所。感度が高く、独自色の強いクリエイターやアーティストの集う基地。世界観や生命力のあるショップ、アトリエの集合体。

そして、貸し方の解放。ここがミソだ。

直せるけど、直さない。
押し付けられるけど、押し付けない。
何でもかんでも、同じ表情にしちゃわない。

その建物だけが持つ、空気、表情、その先が見たいんだ。

そんな誰かが作った、仕上がった空間ではなく、目指すべきは、グラウンドレベル。
すなわち、地下に根っこをしっかり伸ばし、地面から、雑草のように、生えて来たような空間を目指す。

明確なコンセプトとアートワークとシンプルなハコを提供し、内装工事は、入居者自身が必要な箇所だけ発注したり、DIYなど自分たちで考え、創るコトを基本とする。
貸主が行う工事は、躯体や間仕切り及びライフライン工事、残置物の撤去のみ、貸主側で必要以上に手を加えず、入る人の自立性や感性に委ねる部分を多く残す。

そして、借主側に内装工事なんかを委ねる為、貸主側で行う工事が減り、投資も減るので、賃料を抑えた設定にできる。

よく、改装する際に、足し算、引き算っていうけど、
今回、特に意識してるのは、できる限り、足さない事。

なぜなら、ここには、蓄積された歴史がある。
なぜなら、ここには、熟成された味があるだろ?
なぜなら、ここには、染み込んだ愛があんじゃん。

そこに、お金をかけて、デザインを加えて、力を加えて、大きく変えてしまう必要があるか?

ないね。

有名なギタリストがある楽曲について聞かれて、こう答えてた。
自分はギタリストだけど、ギターを鳴らさない事もできるって。

そういう事だよ。

最後に、物件名の「the SITE」

またまた、二つの意味。欲張るね?

一つめは、(町・建物などのあった)跡、遺跡。
二つめは、(現在または予定の)敷地、用地。

相反する意味を兼ね備えた言葉?

過去と未来を併せ持ってる。

現在という時間に立って、片手には、過去の歴史を握る。
そして、もう片方の手には、これからの未来への期待、希望を握る。

生々しいまでに、過去から未来へと繋がっている歴史。
こういうリノベーションがあっても、いいと思うんだ。

物件名 the SITE
タイプ
面 積
家 賃
共益費
礼 金
敷 金
保証金
更新料
駐車場
所在地 京都市左京区田中東春菜町
交 通 叡山電鉄叡山線 元田中駅 徒歩5分
構 造 鉄骨造2階建(北、東棟)、鉄骨・鉄筋コンクリート造地下1階付4階建(北、西棟)、木造ルーフィング葺2階建(南棟)
完 成 昭和45年11月(北、東棟)、昭和58年12月(北、西棟)、平成3年4月(南棟)
入居時期
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分(税別)が必要になります。)
備 考 平成28年9月、リノベーション。

※事業用契約のため、賃料、共益費に別途、消費税がかかります。

※Hは構造上、エアコンが設置されています。契約時に15万円+税要。

Qは、配線ダクト、コンセント等がなく、工事を必要とする為、賃料を安く設定しております。 ※他区画はあり。
区画内のエアコン、流し(共にGのみあり)はありません。※設置の場合は、別途、設置費用要

共用部分には、木を植える等、緑を増やす予定です。

共用設備:工作室(N区画,約50.24㎡,北棟3F)、トイレ(北棟1F,2F)、シャワー(北棟B1F)、駐輪場(北、南棟)
貸展示スペース(O区画,約50.24㎡,北棟4F) ※有料

火災保険加入要

共益費には、共用部、共用工作室、地下1階ユーティリティースペースの電気代、ガス代、水道代を含みます。
情報更新日 2016年12月18日