HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > 五条ヘリンボーンヌ。

五条ヘリンボーンヌ。

RENT満室シングル住居

タイトルこそ、気を抜きました。
あまりに、熱すぎるのも、よくないかと思いまして。

ヘリンボーンって知ってますか?
ここのフローリングの貼り方の事です。

開きにした魚の骨に似る形状からニシン(herring)の骨(bone)という意味。

ええ。

近頃、優良でリアルなリノベーション部屋が増えてる。
近頃ね、着実に、目に見えて、増えとる。

うれしいな。めちゃくちゃ、うれしい。

僕がやってなかったとしても、うれしい。
他の誰かがやった事だとしてもね。心の底から、うれしいんだ。

業界的に有り難い。

ちゃんと、愛を込めて、生み出された部屋。
素晴らしかったね。ええ、素晴らしかった。

リノベした人に会いたいくらい。

リノベーションって言葉を設備の入れ替えだけをした物件で使っているところも未だにある。
どこかの成功事例を引っ張って来て、あそこのいいとことあそこのいいとこを足して、
はい、新しいリノベーション物件できました。みたいな、そういうとこもある。

まぁ、それは、しょうがないよ。
ブーム的な、打ち出の小槌的なアレだ。

リノベーションって言えば、いいんでしょ?的な。

群がるんだ。

いつの時代もそうだろ?

リアルなものが増えれば増えるほど、その周りに群がるフェイク。

どんなジャンルでもそうでしょ?

でもね、どの業界でも、そうだと思うんだけど、諦めちゃいけないと思うんだ。

僕は、今、考えられうる最善を尽くして、最大限、正しいと思える事をやり続けたい。

戦後の高度経済成長から始まった、今の日本。
モノがみんなに行き渡るように、質より量。

どこのマンションも、リスクをヘッジするために、
誰にも嫌われないように、最大公約数。

安くで長持ちするように、化学物質まみれのモノを使って。

もう、折り返すべきだよ。

ここは天国じゃないかもしれない。
かと言って、地獄でもないだろ?

世の中のあれやこれやが美しくあれるように。
あることやないことが美しくあるように。

人間なんて、所詮、醜い生き物だけど、
少しでも、そうあれるように。
少しでも、少しでも、近づけるように。

僕らの生きている間には、何も変わらないかもしれないけど、
着実に、確実に、一軒一軒、一室一室、増やしていきましょうね。

志ある人々。

僕らが、今の時代を誇れるように。
そして、子どもたちに、できる限り、美しく正しいと言えるモノを遺せるように。

物件名 パレス松原
タイプ
面 積
家 賃
共益費
礼 金
敷 金
保証金
更新料
駐車場
所在地 京都市下京区富小路通松原下る本上神明町
交 通 京阪本線 清水五条駅 徒歩7分/地下鉄烏丸線 五条駅 徒歩9分/阪急京都線 河原町駅 徒歩11分
構 造 鉄筋コンクリート造7階建
完 成 1984年4月完成
入居時期
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の半月分(税別)が必要になります。)
備 考 賃貸保証契約要
退去時清掃代:20,000円+税
インターネット無料
火災保険は管理会社負担
水道代:3,500円/月
駐輪場代:1,500円/月
情報更新日 2017年9月6日