HOME > BLOG > KAWABATA channel > blog > info > 自分という存在。

自分という存在。

思春期の頃から、自分の存在や立ち位置とかって、実に不安定で、
自分のアイデンティティーなんて、ずっと朧気で、
なんでだろう?僕は何なんだろう?って思って、ずっと、生きてきた。


生まれてこのかた、ずっと、不安だった。んだろうな、きっと。

僕ら人間は、地面に根っ子を生やさずに生まれてきたから、
当然と言えば、当然なんだけどね。


だからさ、そもそも、一人間の存在や立ち位置なんざ、所詮、不安定で朧気なんだと思う。
だからこそ、人々は、不安定な自分の存在や立ち位置を安定させるべく、
足元を踏み固めたり、自分の周りを固めたりしようとするんだろうけど。


安定こそが安心。

でも、それらを支えていたはずの地面?
でも、それらすべてが乗っかっていたはずの基盤?

それがすべてだとさえ思っていた、今までの社会のあり方なんかが崩壊してる。
それが当たり前だとさえ信じていた、今までの常識、価値観なんかが通用しない。

もはや、何が正しいかなんかわからない。
不安に思っていたり、迷っている人も多いはずだ。

何の為に生きる?
お金?地位?名誉?安定?

幸せって何だっけ?

小さい頃から教えてもらっていた感じと、なんか違う。
幼き頃、夢見ていた未来とは、なんか違う。

僕は、ついに、理解したな。

こうなったら、立ち位置なんて、決めなくていいんじゃないかなって。
ここ数年、本能的に、自分がそんな行動を取り続けてきた意味を、やっと自分自身が理解した。

自分自身の存在の輪郭や、立ち位置なんて、曖昧なままでいいんじゃないかって。

例え、不安定だとしても、どこにだって立てる自分になる事を目指したいなって。
どこにいても、自分であれる自分を目指したいなって。

やりたいコトを全力でやって、ありのままのすべてを咀嚼して、
いろんな感情を引きずってでも生きて、ただ、自分自身を磨き続けて、
自分の存在の輪郭なんて曖昧なままで、柔軟に、強く、そして、しなやかに生きたいなって。

そういうものを求めて生きたいなって思ったんだよ。

心が先に気付いてくれて、行動に移してみて、ついに、頭が追い付いたよ。
最高の流れで、僕の頭が理解した。

ああ、ついにね。