HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > 木毛オルタナティブ。

木毛オルタナティブ。

募集中RENT満室ファミリーシングル住居

タイトルの『木毛オルタナティブ。』
そこに込められた意味をひとつずつ解き明かしましょう。

まず、木毛について、
これは、内装の壁に多用されている木毛セメント板から。

そして、オルタナティブ。
いろいろ意味はあるんだけど、その中の意味から、
「伝統(慣習)にとらわれない」
もしくは、「選択的な、選択肢の」とか。

今までの部屋づくりでは、あんまり使わない様々な素材を用いて、部屋を作って、
今までの部屋探しでは、あんまり見かけない部屋での生活を消費者さんに提案されています。

写真見てちょ。
あんまり見たコトないでしょ?

こういう部屋って、もはや、使い勝手がいいかは問題じゃないと思うのです。
その空間をいかに乗りこなすかが問題。

そして、ここが万人受けするかも問題じゃないと思う。
なぜなら、これがすべての部屋の最終型ではないから。
でも、誰かの新たな選択肢のひとつとなり得るかどうか?
そこだと思うんです。

今までに、見たコトない空間なんだから、
そりゃ、今まで通りの暮らし方はできません。

住まいの在り方の可能性や自分の暮らしの可能性を追求したい方はぜひ。

ちなみに、言ってしまうと、賃貸なんだからね。一生住むわけじゃない。
今後の人生での自宅の購入、将来のリノベを見据えて、身をもって、実験したい方にも。

付け加えると、今までの概念に縛られるコトを責めているわけじゃないよ。
今までのやり方やあり方が間違ってたとは思わない。
それは、個人の価値観の問題。時代背景もあるし。
どっちかだけが正しいなんて、絶対にないから。

今までの常識による部屋づくりのその先には、たくさんの消費者さんがおられるんだろうから。
でも、その市場に右肩上がりの未来はないんじゃないかな。

価値観がこんなにも多様化した今だから、部屋も多種多様化してほしい。
それが自然じゃないかな。

もちろん、オーナーさんのリスクはあるけどね。

だからって、リスクをヘッジするために、同じような部屋をつくって、
この中から選んでください。なぜなら、こんな感じしかないですから。
よりは、よっぽど、自然じゃないかと。

これからは、家づくりや部屋づくりもモノづくりだって、考え方が必要なんだと思う。
利回りも大事だけど、誰かが住む家、暮らす部屋なんだから。

思わず感情がこぼれましたが、まとめます。

今まで消費者さんの選択肢になかったモノを
消費者さんの選択肢のひとつとして、提案するっていうコトは、
叩かれたり、揚げ足を取られたり、いろいろあると思うんですが、
紛れもなく崇高な仕事のひとつだと、僕は思うんです。

そして、俄然、オルタナティブだなって、思うんです。

物件名 SENTURE2
タイプ
面 積
家 賃
共益費
礼 金
敷 金
保証金
更新料
駐車場
所在地 京都市左京区田中上玄京町
交 通 京阪電鉄 京阪本線 出町柳駅 徒歩9分/叡山電鉄 叡山本線 元田中駅 徒歩5分
構 造 鉄筋コンクリート造 4階建
完 成 平成27年3月完成
入居時期
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の半月分(税別)が必要になります。)
備 考 犬、猫飼育可(敷金1ヶ月プラス)
2人入居可、インターネット(Jcom12M)無料
火災保険加入:20,000円/2年、保証会社加入要
水道代:2,000円/月(2人入居時は1,000円プラス)
更新事務手数料:10,00円+税/2年、退去時清掃代:25,000円+税
暮らしのサポート(24H):15,000円/2年

IH2口キッチン、浴室暖房、ウォッシュレット、エアコン1基、ヨーロピアンバス
駐輪は自転車のみ
情報更新日 2017年9月25日