HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > ボトムモトム。

ボトムモトム。

募集中RENTオフィスショップアトリエ京都

京都にお住まいの感度の高い皆様なら、
いや、京都にお住まいじゃなくても、ご存じかもしれない。
もはや、皆様、ご存じのはずの例のビル。

五条新町角に建つビル。その名も、つくるビル。

築50年の4階建てのビルをリノベーションした集合アトリエビル。
いろんな「つくる」が集まるビル。

そんなビルの1階部分を募集させていただきます。

管理人としての使命感をもって。

ちなみに、1階全体を借りてもいいし、3区画に分けたうちの1区画だけでも借りられます。

つくるビルがリノベーションされた時、2階~4階をリノベーションされました。
それは知っていた。物理的に見たら、わかるからね。

でも、最近聞いた、後日談。

つくるビルとは、そもそも、ビルの2階~4階を指すプロジェクトだそうで、
そもそものそも、1階は、別物という考え方だったそうです。

ドびっくり。

もったいないんと違う?

街に開いている部分が、すごく大事なんとちゃうの?
街に触れている部分が、やっぱ大事なんとちゃうの?

でもね、現実問題、つくるビルの2階~4階の賃料って、相場的に、坪単価的に安いんですよね。

でものでも、ボランのティアでは、事業はやっていけないから、
どこかで、ちゃんと利益を生まないといけないんですよね。

そんな中、五条通りに面した1階部分、しかも、新町通との交差点。

賃料が高くなるのは避けられない。

そして、そんな賃料を払える業種も必然的に限られて来る。

そんな現実も、そんなこんなも、踏まえた上で、書きますよ。

今回のタイトルにもなっている『ボトム bottom』

意味は、底とか、下部という意味もあれば、
支え
となる基底、基部という意味もあるんだよね。

やっぱ、そこが大事なんじゃないかなって思うわけだよ。

木も同じ。

根っこがあって、幹があって、枝があってこそ、初めて、花が咲く。

そんな、つくるビルの根っこの部分。

だからこそ、つくるビルの未来の鍵を握るのは、1階だと感じてる。

僕は信じてるよ。

KAWABATA Channelを見てくださっている、
僕のフィルターを信じてくださってる方には、僕の想いが伝わると思うんだ。

頼むよ、あなた。

つまり、ここを借りてくださる、あなたがその鍵を握っている。

 

つくるビルウェブサイト→http://www.tsukuru-bldg.com/

物件名 つくるビル
タイプ 1F/101(東)/103(中)/104,105(西)
面 積 約169.7㎡,約51.33坪(1F)/約35㎡,約10.58坪(101)/約73.8㎡,約22.32坪(103)/約60.9㎡,約18.15坪(104,105)
家 賃 769,950円+税(1F)/158,700円+税(101)/334,800円+税(103)/272,250円+税(104,105)
共益費
礼 金
敷 金 賃料の3ヶ月分
保証金
更新料 -/定期建物賃貸借契約5年
駐車場
所在地 京都市下京区五条通新町西入西錺屋町25番地
交 通 地下鉄烏丸線 五条駅 徒歩5分
構 造 鉄筋コンクリート造4階建
完 成 1962年5月完成、2012年10月リノベーション
入居時期 2019年4月下旬(1F)/即入居可(101)/即入居可(103)/2019年4月下旬(104,105)
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分(税別)が必要になります。)
備 考 駐輪は自転車(1戸1台)のみ 500円+税/月
再契約手続料 賃料の半月分+税
損害保険(借家人賠償責任担保特約保険)加入要

共用流し、共用トイレあり

※賃料等の諸条件は、業種等により、考慮していただけます。ご相談くださいませ。
※2階にカフェが入居中のため、基本的に、飲食店は不可です。

※現在、104,105号室は入居中のため、内覧のご希望に応じられない事や事前に日程を調整させていただく必要がある旨、ご理解くださいませ。
情報更新日 2019年3月25日