HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > シモガモヘリテイジアパートメント。

シモガモヘリテイジアパートメント。

募集中RENTファミリーシングル住居オフィスアトリエ京都
この建物に、いえ、正確には、この建物集合体に空き区画が出ます。
 
実は、今回は募集の区画は長屋になるのですが、タイトルは変わらず「シモガモヘリテイジアパートメント」
 
なぜなら、わたくしは、アパートも長屋も飲み込んだ建物集合体を「シモガモヘリテイジアパートメント」とつけましたから。

もはや、ここは、まち、むら、集落、そういう気持ちなのであります。

では、どうぞ。

珍しく飛び込み営業とやらをしましたよ。
自ら進んで、一手間、二手間、オーナーさんを調べて、ラブコールもしくはチャイムをピンポンですよ。
サラリーマン時代から数えても、そんなにやった事ないんだけど。

ちなみに、最近、二度やりました。

ええ。

誰からも言われてないのに、気が付いたら、飛び込み営業しちゃってましたよ。
なんでも、そんなもんだと思いませんか?行け行けって言われて行ってるようじゃダメですよね。
気が付いたら、行っちゃってたくらいの純度が必要です。

ちなみのちなみに、二度とも、うまくいってます。
なぜなら、建物への想いが、建物への愛が、建物へのリスペクトが違うからさ。

ええ。ええ。

以前から、とても、気になっていた建物。

きっかけになったのは、別の物件の案内の時に、たまたま通りがかったのかな。
見た感じ、空室がありそうなんだけど、検索しても、あまり、世の中に出ていなかった。
ヘタしたら、建替えとかするんじゃねえか?と不安に思ったりしてたら、なんだか、機運が高まりましてね。

正確に言うと、とりあえず、ここは宝ですよ!っていう事を伝えなきゃっていう熱く単純な想いが僕を走らせました。

そんなこんなで、オーナーさんに連絡がついて、話をして、
しばらく時間が経って、今回、空きが出たよーとの連絡を受け、現地へ。

はい、やっぱり、この建物はいいなーとなりました。

とりあえず、もう、立ち姿が美しい。

今回のタイトルにある「ヘリテイジ」という言葉、耳慣れないかもしれませんが、実は、弊社のサイトで使うのは二度目なのです。

一度目はこちら→「キョートヘリテイジビルディング

ちなみに、ワールドヘリテイジは言わずもがな。世界文化遺産ですね。
今回は、シモガモヘリテイジ。すなわち、下鴨文化遺産級のアパートメント。
京都文化遺産級じゃなく、下鴨文化遺産級なの?スケール小さくない?ですよね。
でも、そこは京都じゃなく、下鴨っていう地名に拘りたかったから。

こんな宝のような建物が、あの下鴨に残ってるっていう奇跡よ。

ちなみに、こういう建物が残りやすい場所は、あんまり人気のないエリアに多いのです。再開発の波が来にくいから。

この建物の魅力はね、建てられ方っていうの?建物の配置っていうの?がとても面白い。
だから、いつもより多くの外観写真が掲載されています。

穴が開くほど、見てください。

敷地内に路地を張り巡らせて、そこに複数の建物が建てられている。
ここは、アパートというか、もはや、まちなんだよなー。

ここには、もはや「まち」の可能性を感じるんだな。

そう、ここ数年、僕が虜になっている「まち」だよ。

「まち」について書くと文章が三倍くらいになるから、今回は割愛!

そんな建物に募集のお部屋が出ましたのよ。

この機会にぜひ。

 

話は少し逸れるんだけど、大事なコトを書いておこう。ここからは物件紹介文ではないです。あしからず。

まず、このような集合施設の本来のいいところは、世界観が描きやすいところにある。逆にそれをしていない集合施設は集合施設の意味を為していないとさえ思っている。

片や、一軒の家やマンション一室で、世界観を演出するのは、なかなか難しい。
だから、そういうところは、一軒、一室、そこ単体のデザインで勝負するしかなくなる。

その差は大きい。

そして、もうひとつの集合施設の本来のいいところは、価値が足し算じゃなく、価値の掛け算になるところなのよ。

ハード(建物のリノベーション)とソフト(人)の両面で言える事なんだけど、今回は単純に人で。

入居者が一人入ったら、その分だけ収入が上がる、すなわち、入居者一人分の家賃分、建物の価値が上がるが、足し算ね。一般的な賃貸業。

入居者が一人入ったら、一人分の収入が上がる上、その入居者と別の入居者の関わりの蓄積、いわゆるカルチャーが生まれる事によっても、建物の価値が上がる。これが掛け算。

初めて言語化したから、ヘタだな…。掛け算になってるか?言いたい事が伝わるかな?

だからね、今はここ、ほぼ満室なんだそうだけど、このクラスの建物は、そこで満足して欲しくないんだよねー。

なんせ、下鴨文化遺産級のアパートメントなのですから。

良くも悪くも、いい場所にある建物は、それなりに直して、それなりに賃料を安く設定すると、入ってしまうからね。でも、それは、いわゆる延命措置に過ぎない。

今まで通りの一般的なやり方で、入居者という人を単なる点で終わらせて欲しくない。それは、建物の価値をすり減らしているだけだから。

本来の集合施設の意味を為してない。

だから、多くの貴重な建物で建て替えなんかの発想が生まれてしまう。

価値の蓄積がされて来てないからね。もはや、それは価値の消耗、建物は消耗品扱い。

本来、集合施設なんかの建物は古くなればなるほど、価値が蓄積されていくべきなんだけどね。

ブランドなんかでも、そうでしょ?歴史があればあるだけ、ブランドイメージが確固たるものになっていく。

未来を見据えて、コンセプトを設定し、世界観を描き、コンセプトと世界観に沿ったデザインをして、そのデザインで、コンセプトと世界観に共感してくれる人を集める。そうすれば、コンセプトや世界観に共感したという近い価値観を持つ事により、人と人が単なる点で終わらず、近い将来、人と人という点が繋がり線になってくれるし、少し遠い未来では、きっと、その線が紡がれて絵になる。そして、遠い未来では、新たな入居者、つまり、新たな人が加わるたびに、各々の色を重ねられる本来の意味での有機体としての集合体になれ得る。

だからね、ここには、もっともっと、その秘めたる価値を存分に発揮してもらわなくちゃ。なんです。

って事で、引き続き、オーナーさんと膝を突き合わせ、お話をしたいと思っております。

 

物件名 泉川町アパート
タイプ A-2
面 積 約25㎡
家 賃 42,500円
共益費 2,500円
礼 金 賃料の2ヶ月分
敷 金 賃料の1ヶ月分
保証金
更新料 賃料の1ヶ月分/2年契約
駐車場
所在地 京都市左京区下鴨泉川町
交 通 叡山電鉄 出町柳駅 徒歩14分/京阪電鉄 出町柳駅 徒歩15分
構 造 木造二階建
完 成 築不詳
入居時期 即入居可
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の半月分(税別)が必要になります。)
備 考 退去時ハウスクリーニング代:30,000円+税
火災保険加入要
賃貸保証会社契約要

二人入居可、DIY相談可

※1年未満の解約は、賃料の1ヶ月分の違約金あり

募集用途は、住居を兼ねる前提でオフィス、アトリエ使用相談可。
※音が出る業種や不特定多数の人の出入りのある業種は不可。
情報更新日 2021年5月7日