HOME > BLOG > KAWABATA channel > Property Search > RENT > レモネード。

レモネード。

募集中RENTシングル住 居オフィスアトリエ京 都NEW

さて、何を書こうかなと思ったわけよ。

まぁ、リノベーションしたんだから、当然、そのリノベーションの内容とかいろいろ書こうかなと。

いや、その前に書く事あるなと思ったのよ。

結果的に長くなったし、相変わらず、物件についての事はほとんど書けていない。まぁ、良いじゃないか。

このプロジェクトは、とある不動産業者さんの相談から始まった。

実は、最近行けてないんだけど、僕は所謂、不動産業者の会合には比較的行く方だ。いや、見た目や生き方からしたら、めちゃくちゃ行っている方だ。

良い悪いは別にして、自分のいる業界も知っておかないとなだ。

僕は不動産業者の会合的なところにも、いつもの感じで行くから、見た目的にも、普通の不動産業者さんからしたら「お前は何者なんだ?何をしてるんだ?」ってレベルで理解される事は少ない。

皆様に敬意は表するんだけど、自分のスタイルを曲げる事はしないから。

だからいつも、そもそも「何だ?こいつ?」から始まる。こちらも社交辞令のような会話は苦手だからさ。

実はそれで良いと思っていて、一旦周りを遠ざけて、場全体を観察する。そこにどんな人がいて、僕が話すべき人は誰かを見極める必要がある。

そもそも、全員とお手々繋いでは生きていけないからね。お互いに時間は有限だからね、しょうがないよ。

さて。

今回の施主は、そんな会合の中で、僕が話をしたいと思う数少ない人のうちの一人。

僕は、僕が話したい人たちと話すためだけに、三次会、四次会まで残る事もあった。

最初の方はたくさん人がいるから、僕に時間を使ってくれるくらいに人が少なくならないといけないから、その時間が来るまで待つわけだ。どうだい?健気だろ?

その人は、比較的早くから、僕に目をかけてくれていて、僕のやっている事にも興味を持ってくれていた。

実は、以前にも相談をしてくれて、プロジェクトをやろうとしたけど、いろんなタイミングが合わなくて流れた。そういう事もあるよ。

今回、満を持して、一緒にやらせてもらえる事になった。

その人は僕の二つ上かな?最近のリノベーションの施主さんで最年少なんじゃないかな?

でもね、面白いな。同じ業界の年の近い人とは言え、やはり、生きて来た環境、生きているフィールドが違うから、そこから来る今を生きている価値観にも大きな違いがある。

当たり前だけど、世代とかじゃないのだ。生き方、生きる環境の問題なんだ。

だから、その人はいつも、ごめんな、僕はわからんねんけど、って前置きしてから質問をしてくれる。自分がこういう事かな?っていう想像している事との答え合わせを自らやってくれる。

そこで意見を交換して、互いの脳内の言葉を変換したりして、擦り合わせて、理解を深める。

何が言いたいかって言うと、自分の事をみんなにわかってもらうのは不可能だとして、自分が良いなって思う人にふわっと理解してもらえて、仕事を依頼してもらえるのは、最高にうれしい事だ。

ちなみに、今回の直し方もそういう事なんだな。

良くも悪くも、僕は全員に良いって言ってもらう事は諦めている。

さっきも書いたように、自分自身の事もね。

世の中の物件や部屋が誰にも嫌われないように生み出されて、誰の心にも刺さらないのの真逆に行っている。

この部屋もそうだ。たった一人が最高だって言ってくれたら良い。

ああ、今回のタイトルについて書いておこう。

まず「LEMON」には英語のスラングで不良品という意味がある。それに「ed」という過去形を付けて「LEMONed」、元不良品という意味になる。

そう、hideが立ち上げたブランドだな。「LEMONed」はhideの造語だ。

だから、今回、僕にとって、大事な言葉を使ってしまった事になる。

一旦、役目を終えたであろう部屋にもう一度、意味を与えて再生する。この部屋はもう立派な商品になった。

僕らも同じなんじゃないのかな。

生まれた時から、生まれただけでも、みんなに価値はあるって考え方もあると思うけど、僕はそうは思えなかった。

存在意義っていうのかな。ずっと、自分自身の命の形も朧気だったし。

ずっと僕は何者でもないと思って生きて来たけど、年を重ねて、ようやく少しだけ、存在理由や意義が作れて来た気がする。

きっと、自分が生まれて来た理由なんてもんは、自分で作っていくもんだろうから。

年を重ねる事により、段々と人に必要としてもらえて来ている事がわかって来たし、存在しても良い人なんだとわかったから。

今、思ったけど、僕は価値を失いつつある建物に自分自身を投影してるような気もして来た。

放っておいてもチヤホヤされる新築物件には見向きもしないで、こういう建物に妙に肩入れするのは、そういう事かもしれない。

また、そこは勝手に深掘りしておきます。

最後に書いておこうね。プロジェクトが始まってから、今回の施主に対して、僕は意外と素っ気なかったかもしれない。

物理的に会う事は増えたけど、今まで通りの距離感で接している。いや、会うのは、いつも飲み会の席だったから、それより遠い距離感かもしれない。少なくとも下の名前で呼び捨てにする事はなくなった。

なぜかと言うと、仕事が始まった後にやれる事って言うのは、おべんちゃらを言ったり、御託を並べ立てる事ではなく、プロとして、期待に応えるだけだからなんだな。

でも、お客さんが決まった後くらいに、とりあえず一回、以前のような、ただの僕に戻って、飲みに連れて行ってもらおうと思っている。

そして、その酒の場の勢いに乗っかり、同じ業界の先輩だけど、ありったけの愛と敬意を込めて、下の名前で呼び捨てにしようと思う。

今回は一室のみのリノベーションだけど、今後、この建物に空きが出た場合は、またリノベーションをする事になるだろう。

下手をすると、他の案件でもする事になるかもしれない。

なぜなら、このマンションでこれから起こるであろう事がその人にとって新たな経験、体験になり、もう抜け出せなくなるんだ。

そんな始まりの始まりなのです。

・設計、施工 株式会社KOUEI
・企画 株式会社川端組

物件名 ラ・フォンテ壬生
タイプ 2F西
面 積 約25㎡
家 賃 70,000円
共益費
礼 金 105,000円
敷 金 70,000円
保証金
更新料 再契約料 35,000円/定期建物賃貸借契約2年
駐車場
所在地 京都市中京区壬生相合町31番地2
交 通 阪急京都線 大宮駅 徒歩8分/JR山陰本線 丹波口駅 徒歩13分
構 造 鉄筋コンクリート造 4階建
完 成 1967年1月完成 2023年10月リノベーション
入居時期 即入居可
取引態様 仲介(※成約の際、仲介手数料として成約賃料の1ヶ月分(税別)が必要になります。)
備 考 浴槽なしシャワーのみ、洗濯機ベランダ設置可、1口ガスコンロ付キッチン、エアコン1基

保証会社加入要(どちらかのプランから選択)※居住用の場合 
初回のみプラン 初回保証委託料:月額賃料の 100%
毎年プラン 月額賃料の50%及び継続保証委託料:毎年1万円

火災保険加入要18,000円/2年 ※居住用の場合
再契約時、再契約手続料要 33,000円(内税10%、3,000円)/2年
退去時ハウスクリーニング代 27,500円(内税10%、2,500円)

居住兼アトリエ(音が出るものは不可)、居住兼オフィス(SOHO)、オフィス、アトリエ(音が出るものは不可)、店(業種により)などの用途相談可
※上記の用途の場合は、別途、賃料、共益費、礼金等に消費税がかかります。また、保証委託料と火災保険の金額が変わります。
情報更新日 2023年10月27日